読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

here's what you should do / jeff caudill - 今更だけど好きって言っていいかな。

アメリカのロックバンド、GAMEFACEのフロントマンjeff caudillのファーストソロアルバム。

 
ほんとに今更この現代に紹介するのが申し訳ない名盤。
 
GAMEFACEはアメリカのエモ~ポップパンク界隈に多大な影響を与えたバンドで、new found gloryも彼らの音楽からの影響を公言してるとか。
 
もともと私はGAMEFACEの音楽をリアルタイムでは体験してなくて、当時、エモメロディックな海外バンドを集めた「a really big mouth」ってコンピレーションCDが日本で発売されて、そのなかにレジェンド級の扱いで紹介されてたのが最初の聴いたきっかけでした。
 
 
バンドの過去のアルバムにはエモーショナルで存在感抜群の楽曲が数々。
そして何よりもフロントマンであるjeffの瑞々しくも枯れわたる歌声が圧巻。
 
もはやジャンル云々ではない魅力に心酔しちゃいます。
 
そんなjeff caudillが出した初のソロアルバムが2005年のこの作品なんだけど、他の追随を許さないソングライティングの才能が見事にパックされています。
 

 

Here's What You Should Do

Here's What You Should Do

 

 

この後もソロ名義で2008年にアルバムがリリースされていて、こちらも沁みるような作品なんだけど感触的にバンドサウンドとの中間にあるような1stはやっぱり素晴らしいです。
 
 
 

SHISHAMOの「きっとあの漫画のせい」のここんとこ聞いて欲しい。

新しいアルバムがリリースされたロックバンド、SHISHAMO
なんか結構な人気の沸騰ぶりみたいで、今さらなんのかんのレビューすることもないよねとか考えていたんだけど、

これだけは言わせてくれい!

SHISHAMO 4

SHISHAMO 4




なんの話かというと、今回のアルバムリリースにあたり、何曲かのリード曲を耳にしていずれもいい曲ばっかしで。「音楽室は秘密基地」も、これは次元を跳び越えたなってくらい素晴らしくて。

けど心配もよぎった。
もしかしたら、変わってほしくない所も変わっちゃってたりするのかなーと。

そしてリリース日から何日かして聞いたアルバム。
それは「きっとあの漫画のせい」っていう曲。
ああー、SHISHAMOの本質は変わってないんじゃないか。
むしろ、増幅されてたりして。

ぜひ、この曲を聞いて欲しい。
クライマックスの「笑わせないでよ」ってとこ。
なかなか出来ないと思うわ、このフレーズ。

ウクレレ演奏をアップしました。"Happy - Pharrell Williams / ukulele cover"

寒いですねー。
南国育ちは寒いと活動量が激減します。
出来れば外出したくない。
室内でも出来ればなにもしたくない。

猫かハムスターが羨ましい。
冬眠は文化だ。

そんな不平を述べつつ、ウクレレを演奏してアップしてみました。


だいーぶ我流のファレル・ウイリアムス。
弾いてる分には、楽しいです。

また暖かくなったら演奏の機会を求めて外に繰り出そうと思っています。
キーワード: