three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

jingle collection / mean jeans

おバカなパンクっていう代名詞も使い古されて久しい気もしなくもないのですが、それでも言いたい。 このバンドほど馬鹿馬鹿しくもかっこいい人たちがいるだろうか(^-^ ポートランドのスリーピース、mean jeans。 Fat wreck chordsに移籍し、私もまたそれで彼…

tricot / 3

最近になって強烈なバンドを知りました。 tricotは日本の四人組ロックバンド。 フロントの3人が女性で変拍子を織り交ぜた卓越した演奏技術だったりキャッチーな楽曲が海外でも評価されているみたい。 海外で評価されるバンドってやっぱり凄いなあと思うけど…

こんな夜は、ちいさこの庭を読んで。

ちいさこの庭 (フラワーコミックスアルファ) 作者: 小玉ユキ 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/02/09 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る 映画化もされたコミック「坂道のアポロン」の小玉ユキさんの短編コミック「ちいさこの庭」を…

love & the other crimes / masked intruder

ずーっと待ってるんですけどね。 新しいアルバム。 思えば前作の「M.I」でこのmasked intruderっていうバンドを知ったわけですが、あのfat wreckからハチャメチャにキャッチーなバンドが出てきたことに歓喜したのを覚えています。 その後ツアーで来日したり…

置きに行かないコラム2018年2月

しばらくぶりの更新でした。 言い訳を言うとこの寒さ、冬は機動力が格段に低下します。 この間にあれ書かなきゃとか思ってたことも結構あったはずがきれいさっぱり忘れてるという具合で。 オリンピックも凄い盛り上がりですし、ちょこちょこ環境の変化もあっ…

チャットモンチーの「完結」におもう。

これまで節目節目にブログでもふれてきたロックバンド、チャットモンチーが解散ともとれる発表をした。 チャットモンチーが解散を発表 「完結。」 完結ってどんなこっちゃねんとか、今後のリリースだったりツアーだったりそういうのは徐々に明らかになってい…

SAKEROCK ~ last live "arigato!" [DVD]

インストロックバンド、SAKEROCKのラストライブを収録したDVD "arigato!"を買ってみた話。 SAKEROCKはトロンボーン、ギター、マリンバ、ドラム、ベース等からなるインストバンド。 いわずもがなの星野源、現在はソウルフルなファンクバンド在日ファンクや俳…

置きに行かないコラムvol.6~今年の阪神タイガースに拍手と感謝。

しばらくブログを更新していなくて、色んな意味で余裕のなさを露呈しているのだけど、昨日、ドラフト会議が終了したこともあって、阪神タイガースの話題に行ってみようと思ったところ。 阪神の2017年。 金本監督のもと、いろんな評価があるのだとは思うけど…

VISION / pet symmetry(どうしたって、沸ってしまうのだ。)

現行us emo界のキーパーソンってことでいいんでしょうか?Into it. over it名義で活動していることで知られるevan weiss。 彼と、エモ・インディーロックバンドDOWSINGのメンバーらによって結成された、(勝手な)イメージ的にはemo rockの仕事人たちによるバン…

キュートなガールズパンクthe bombpops 。

つい最近、新しいMVが公開されて心の琴線にふれまくりのパンクバンド、the bombpops。 みたところ編成は男女4人組で、女性2名が交互にヴォーカルをとるスタイルなのかな。 楽曲もキャッチーで聴きやすいし、なによりキュート。 The Bombpops - Be Sweet (O…

チャック・モーガンのウクレレに聞き入る

知り合いがくれたCDは、オーストラリアの歌姫ジャネット・サイデルの「マナクーラの月」という作品。 ふんふん余裕こいて聴いてたのだが、これがほんと素晴らしい内容で。 分野でいうとジャズヴォーカルなるものにあたるのだろうけど、全編でウクレレがフィーチ…

作家は、読者のなれの果て。

恩田陸さんの本はときどき読むんだけど、言葉の流れがとても読みやすい。好きな言葉遣いの人だと勝手に思っています。それでその恩田陸さんが、インタビューで紹介していた、タイトルにもある「作家は、読者のなれの果て」という言葉が頭に残ったのでひさびさ…

MxPxをこれから聴く人におすすめしたいアルバム独断7枚。

先日のpunkspring2017に来日したmxpx 。元気な姿を披露してくれたようで嬉しいなあ。mxpxは90年代以降のアメリカ、メロコア~パンクムーブメントを牽引して人気を博したロックバンド。来日も何度もしてるんだけど、折角なのでこの機会に私が好きな彼らのアル…

tight new dimension - mean jeans / こんなん買うしかないじゃない。

「Michael jackson was tight ~♪」 この劇的キャッチー激烈シンプルなフレーズに一発購入してしまったmean jeans。ちょっと見ない間にfat wreck chordsのバンドの顔ぶれがかなり変わっていてびっくりしたけど、改めていいバンドが多いのはさすが。時代は変わ…

MSP ピックアップをウクレレに取り付けてみた。

野外のステージとかでも使えるようにウクレレにピックアップ取り付けを考えてたんだけど、今使ってるものだと自分で穴を開けたりとかしなくちゃいけなくて、何かいい方法はないかと探していたら。MSP(マグネット・サンドイッチド・ピックアップ)という優れもの…

here's what you should do / jeff caudill - 今更だけど好きって言っていいかな。

アメリカのロックバンド、GAMEFACEのフロントマンjeff caudillのファーストソロアルバム。 ほんとに今更この現代に紹介するのが申し訳ない名盤。 GAMEFACEはアメリカのエモ~ポップパンク界隈に多大な影響を与えたバンドで、new found gloryも彼らの音楽から…

SHISHAMOの「きっとあの漫画のせい」のここんとこ聞いて欲しい。

新しいアルバムがリリースされたロックバンド、SHISHAMO。なんか結構な人気の沸騰ぶりみたいで、今さらなんのかんのレビューすることもないよねとか考えていたんだけど、これだけは言わせてくれい!SHISHAMO 4アーティスト: SHISHAMO出版社/メーカー: GOOD C…

ウクレレ演奏をアップしました。"Happy - Pharrell Williams / ukulele cover"

寒いですねー。南国育ちは寒いと活動量が激減します。出来れば外出したくない。室内でも出来ればなにもしたくない。猫かハムスターが羨ましい。冬眠は文化だ。そんな不平を述べつつ、ウクレレを演奏してアップしてみました。Happy - Pharrell Williams / uku…

ウクレレパンクロッカー"ukulele hiro"とは。

ほんとにたまたま、YouTubeでたどり着いたウクレレアーティスト"ukulele hiro"。これがほんのちょっと聴いただけなんだけど、すっかりお気に入りになってしまった。Descendents - Suburban Home (Ukulele Cover) - YouTubeアップされてる動画はバリバリ90s p…

Matt Pryor and Dan Andrianoによる "Cecelia" カバー

ロックバンドBLINK182にアルカライントリオのギター&ヴォーカルであるマット・スキバが加入した話題について、以前のブログでもふれましたが、その一方でこんな素敵な組み合わせが実現してるとは。Matt Pryor and Dan Andriano "Cecelia" (Cover) - YouTubeア…

SHISHAMO4~部室から飛び出した音楽のゆくえやいかに。

最近はテレビの露出も増えたりしてにわかに盛り上がってるガールズロックバンドshishamo(ししゃも)。いよいよ2月にニューアルバム、「shishamo 4 」がリリースされると言うことで、とっても楽しみです。【早期購入特典あり】SHISHAMO 4【特典:きせかえジャケ…

ウクレレの動画をアップしました。"Norwegian wood - short ukulele"

ほんとに久しぶり過ぎますが、ウクレレで弾いてみました。Norwegian wood - beatles - short ukulele - YouTubeスマホでアップしてますし通信制限でやたら時間かかるしそんな関係で時短です。ウクレレソロもっと勉強したいなあ。

年末紅白で想ったこと。

終わってしまった2016。紅白歌合戦に感じたことを殴り書き。紅白歌合戦を見てて、といっても全部見てたわけでもないんだけど、グダグタ紅白だったと専らの話ですが、個人的にはわりと好きでした。印象に残ったのはPerfumeでした。別にファンでもなんでもない…

2016年よく聴いた音楽

お正月気分は一瞬で、あっという間に日常が攻めてきました。テレビも世間も通常運転してるからしょうがない。そこで遅ればせながら2016年に聴いた音楽の振り返り。年々言ってる事だけど、本当に音楽を聴く行為から疎遠になってる気がする。最初はネットで試…

skinny lister ロンドンからの刺客

フランク・ターナーつながりで知ったバンド、スキニーリスター。 フジロックにも来日経験があり、圧巻のライブパフォーマンスから、世界一のフェスティバルバンドと呼ばれることもあるそうで。 サウンドはアイリッシュ・フォークをベースにしています。 馴染み…

逃げ恥と我が家

最終回がたのしみです。

2016年、BLINK 182のことを想う。~ part two

ブリンクについての随想の続きです。 脇道にそれまくるけど、頑張ってパート2で終わらせたいです。 おバカでノリノリのキャラからシリアス路線に転換したアルバム「blink 182」を発表して少しした頃、突如バンドは解散を発表してしまいます。 ※でも、実はシリ…

2016年、BLINK182のことを想う。

これまで何となく触れない話題だったのですが、新しいアルバムがでたこのタイミングでこのバンドのことを紹介してみようかと思います。なんといっても、BLINK182の「enima of america」っていうアルバムがなかったら、今のアメリカのパンクロックの現状は違っ…

置きに行かないコラムvol.5 ~リスニシャン?という考え

どっかで聞いたような話なんだけど、名画はそれを真似して描いて楽しむということはあんましできないが、音楽の分野においては、ある名曲を楽譜をもとに演奏して楽しむことができる、って感じの話があった。どこで聞いたのかもう覚えてないけど。自分はこう…

進化しました。this wild life - 「Low Tides」

アメリカ、ロングビーチ出身の二人組アコースティック・デュオ、this wild lifeのepitaph recordsから2枚目のリリースとなるアルバム「Low Tides」が届きました。 もともとはもっと多人数のポップパンクバンドだったようなのですが、現在のアコースティックな…

キーワード: