読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

BAND M-P

MxPxをこれから聴く人におすすめしたいアルバム独断7枚。

先日のpunkspring2017に来日したmxpx 。元気な姿を披露してくれたようで嬉しいなあ。mxpxは90年代以降のアメリカ、メロコア~パンクムーブメントを牽引して人気を博したロックバンド。来日も何度もしてるんだけど、折角なのでこの機会に私が好きな彼らのアル…

Nathen Maxwellがカッコいいと思うのは何故。

White Rabbitアーティスト: Nathen Maxwell (&The Original Bunny Gang)出版社/メーカー: Bullion発売日: 2009/09/16メディア: CD クリック: 1回この商品を含むブログを見るネイサン・マックスウェル。 アメリカのアイリッシュパンク代表格、flogging molly…

《pop punkを背負うのは》HEAVY LOVE / man overboard

man overboardと聞くとどうしても思い出してしまうあの曲。それもそのはず、まんまblink182の曲名からバンド名をつけたらしい5 peace punk rock bandが彼ら。最近はめっきり若いバンドをチェックすることも減ってしまったけど、彼らのようなバンドに出会って…

《レビュー》true brew / millencolin (今でもいつでも最高で特別なバンド。)

スウェーデンから現れた愛すべき四人組、ミレンコリン。キャリアは長く世界中の根強いフォロワーから人気を得ているパンクロックバンド。スケートパンクの青臭さ、爽快感をベースに持ちながら日本人にも響く哀愁感ただようメロディー。それを巧みに包んでた…

いよいよ迫ってきました。

ミレンコリンのニューアルバム。 大人になった彼らの新しい音を早く聴きたい。 リードトラック聴いた限りでははげしめのアッパーな感じだったけど。 今から待ちきれない!True Brewアーティスト: Millencolin出版社/メーカー: Epitaph発売日: 2015/04/28メデ…

new found gloryのNew MVはなんかアレ。

けど全員白い衣装ってのも新鮮かも。 最初の方だけだけど。 ユーモアあっていい味だしてるNFG。New Found Glory - One More Round (Official Music …: http://t.co/IU2ngCTJYk— ball boy (@ballboyisdead) 2015, 3月 14 Resurrectionアーティスト: New Found…

(目覚めの一曲)My Mom Still Cleans My Room / MxPx

この頃のmxpxも良いな~。 完成度たかし。 Life In Generalアーティスト: MxPx出版社/メーカー: EMI CMG発売日: 2004/04/01メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含むブログを見る

millencolinの新譜、true brew(予約してみた。)

ちょっと気が早い気がするけど、待望のミレンコリンの新作、「true brew」を予約してみた。True Brewアーティスト: Millencolin出版社/メーカー: Epitaph発売日: 2015/04/28メディア: CDこの商品を含むブログを見るリリースが間が空いてることもあって、かな…

masked intruder (爽快punkアメリカ代表)

謎のカラフル覆面パンク集団。masked intruder。 綺羅星みたいに突如現れた彼ら。 そのpop songは甘酸っぱくて爽やかで、普遍的なパンクロックの楽しさがつまってる。 ヴォーカルの声もいい。 どこか頼りなげな若さと、その若さ故の潔さと。エヴァーグリーン…

雨の日。

昨日はけっこう車運転が時間ながくてくたくた。 そうこうしながら週末は過ぎていく。 どうにかこのサイクルから抜けらんないかなーとも思うし、いや、慣れなきゃいけないんだろなとも思うし。 そんで自分の時間というのは減っていく。しょうがないよねえ。 …

millencolin - "Sense & Sensibility"

Millencolin - "Sense & Sensibility": http://t.co/kq7OtwCvDd @YouTubeさんから— ball boy (@ballboyisdead) February 18, 2015ちょっと聴きだからあんまいえないけど、アグレッシブないい曲じゃないかな。MVもいい感じ。 どんなアルバムになるんだろう。 …

ミレンコリンが新アルバム発売

ミレンコリン(Millencolin)が新アルバム『True Brew』を4月発売、「Sense & Sensibility」のPVあり - amassミレンコリン(Millencolin)が新アルバム『True Brew』を4月発売、「Sense & Sensibility」のPVあり - amassミレンコリン来ましたね。 これは一大…

The MenzingersがMV “Where Your Heartache Exists” を公開

The Menzingersがアルバム「rented world」“Where Your Heartache Exists” のMusic Videoを公開したそうです。The Menzingers - "Where Your Heartache Exists": http://t.co/41PqCZ4Exz— ball boy (@ballboyisdead) 2015, 2月 15男気哀愁パンク好きなら絶対…

《目覚めの3曲目》stay on your feet / mxpx

MxPx - "Stay On Your Feet" (Official Video): http://t.co/QHmc9FCgt9— ball boy (@ballboyisdead) 2015, 2月 9ノリのいい曲が続きます。 今度はmxpx。 勢いがあってかっこいいです。 目が覚めます。 まだまだイケる! 頑張れmxpx!Plans Within Plans(日本…

《目覚めの一曲》in remission / the MENZINGERS

The Menzingers - "In Remission": http://t.co/c67ffPHLex— ball boy (@ballboyisdead) 2015, 2月 9 サビのとこのシャウト感がなんともいえずかっこいいんだな。 相変わらずMENZINGERS聴いてます。 男らしさ炸裂でかっこいいですね。Rented Worldアーティス…

《レビュー》LOVE COME SAVE ME / MAT McHUGH

オーストラリア発のサーフ・ミュージック・バンド、the beautiful girlsのフロントマン、マット・マクヒューのソロ作品。ラヴ・カム・セイヴ・ミーアーティスト: マット・マクヒュー出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード発売日: 2012/06/06メディア: CDこの…

《レビュー》RENTED WORLD / THE MENZINGERS (男らしきパンクロック。)

今回初めてthe menzingersを聴くので前作との比較は出来ないのですが、自分なりにレビューしてみようと思います。Rented Worldアーティスト: The Menzingers出版社/メーカー: Epitaph発売日: 2014/04/22メディア: CDこの商品を含むブログを見る全体的な印象…

これも買えた。

二枚まとめて中古コーナーで発見とか。 奇跡的。Life in Generalアーティスト: Mxpx出版社/メーカー: Tooth & Nail Records発売日: 2002/05/18メディア: CD クリック: 2回この商品を含むブログ (1件) を見る

《座右の名盤》the ever passing moment / MXPX (奇跡的遭遇)

先日、某中古本&CDを扱ってるチェーン店にふらふらっと立ち寄ったら、前々から欲しかったMXPXのアルバムが! The Ever Passing Momentアーティスト: MxPx出版社/メーカー: Universal Music LLC発売日: 2009/07/14メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含む…

《パンクカバー》love fool (cardigans) by new found glory

この絶妙のカバーソングにはやられました。流石はNFGです。 カーディガンズのカバーでもとは女性ヴォーカルのキュートな曲なのですが見事にカバーしてみせましたね。From the Screen to Your Stereo 2アーティスト: New Found Glory出版社/メーカー: Drive-T…

《座右の名盤》SOLITARY / PARASITES(純度100%のポップパンク)

80年代から活動するポップパンク集団、PARASITES。 2009年リリースのこのアルバムは、オリジナルアルバムとしては11年ぶりのアルバムになるそうだ。 キャリアを重ねても、ブランクがあっても、衰えを感じさせないどころか全編これぞポップパンク。100%純…

《座右の名盤》everything else is a far gone conclusion - PINHEAD CIRCUS (コロラド発、潔くもトバしまくる高速パンク)

このジャケット書いた人はよほどの日本通なんだろうな。Everything Else Is Just a Far Gone Conclusionアーティスト: Pinhead Circus出版社/メーカー: Better Youth Org.発売日: 1999/04/27メディア: CDこの商品を含むブログを見るでもー、これどう見ても「…

《mxpx特集》let it happen deluxe edition - mxpx (b-side 集。でもなかなかの味わい。)

もともとのシングル等のb-sideトラックを集めた「let it happen」に当時の新曲を追加してtooth and nailから再びリリースされた一枚。 今回はさらにおまけとしてMVをおさめたdvdもついててかなりお得な内容。 他のコンセプト的なアルバムに比べるとb面集なの…

《mxpx特集》slowly going the way of the buffalo - mxpx (清涼感に貫禄すら覚える。)

mxpxの音楽をより世に知らしめた4thアルバム。 十代から活動してる彼ら。地道なライヴ活動で培われた土台は揺るぐことなく、強靭なチームワークで作られた本アルバムは、もうすでに余裕すら感じてしまう恐るべしな一枚。代名詞ともいえる大名曲tomorrow's an…

《MV》stay on your feet - mxpx

mxpxのかっこよさは普遍 最新アルバムからのこの曲も最高。 MxPx - "Stay On Your Feet" (Official Video ... Plans Within Plans(日本盤 歌詞・対訳付き)アーティスト: MXPX出版社/メーカー: Bullion / Wave Master発売日: 2012/04/04メディア: C…

《mxpx特集》Secret Weapon - mxpx (より原点へ、より“らしく”。)

今回紹介するのは、mxpx通算8枚目となるオリジナルフルアルバム、「secret weapon」です。シークレット・ウェポンアーティスト: MXPX出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン発売日: 2007/07/11メディア: CD クリック: 2回この商品を含むブログ (5件) …

majar league / homewrecker

There's Nothing Wrong With Meアーティスト: Major League出版社/メーカー: No Sleep Records発売日: 2014/11/04メディア: CDこの商品を含むブログを見るMajor League Homewrecker (OFFICIAL) - YouTubeつい最近知ったバンドですが、ストレートで良いですね…

《mxpx特集》panic

メジャーを離れ、SIDE ONE DUMMYへと移籍しての心機一転の一枚です。前回が割と大人しめの内容だったのに対し、ここでは心機一転激しく楽しいmxpxファンには堪らない一枚。Panicアーティスト: MXPX出版社/メーカー: インディーズ・メーカー発売日: 2005/06/1…

《mxpx特集》on the cover 2

mxpxがデビューアルバムをリリースしてから20周年ということでmxpxの作品を紹介します。 パンク界でもカバー企画って多いのだけど、mxpxはこれまで二枚のカバーアルバムをリリースしています。そして2009年にリリースされた2作目がこれ。 on the cover 2で…

《mxpx特集》before everything and after

mxpxがデビューアルバム「 pokinatcha」を、リリースしてから20周年なんだそうだ。 mxpxももう20年選手。マイペースでいいから、また新譜だしてほしいな。そこで今回はmxpx特集としてアルバム紹介を。 mxpxで好きなアルバムは、好きなナンバーは、と問われる…

《レビュー》20th Century Masters: Millennium Collection - Mighty Mighty Bosstones (スカコア万歳)

20th Century Masters: Millennium Collectionアーティスト: Mighty Mighty Bosstones出版社/メーカー: Island / Mercury発売日: 2005/07/12メディア: CDこの商品を含むブログ (1件) を見るこのアルバムは、完全に名曲「the impression that I got」が聴きた…

《座右の名盤》M.I. - masked intruder (毒気皆無の痛快pop punk)

M.Iアーティスト: Masked Intruder出版社/メーカー: Fat Wreck Chords発売日: 2014/05/27メディア: CDこの商品を含むブログを見るいや、こんなバンド待ってました。 風貌からして人を喰ったような四人組masked intruderの2枚目のフルアルバム。 fat wreck c…

《座右の名盤》kingwood - millencolin (バンドとしての年の重ね方)

ミレンコリンを見ていると、本当にいい年の重ね方してるバンドだと思ってしまう。こちらは通算6枚目のスタジオアルバム。 初期は痛快ドタバタ・スケートパンクってイメージを自分はもってて、そんな彼等も好きだし、また今のロックバンドとして風格備わった…

ニューファウンドグローリーの新譜がいい。

何かやたら良く感じるのは何でかなと思ったんだけど、まあ元々が好きだってのもありますが、自分がALL好きでよく考えたら今のNFGってALLと同じ編成なのよね。 どうでもいい人にとってとってもどうでもいい話を半分興奮気味に語ってしまう。 そんな正月明け。…

《レビュー》resurrection - new found glory (より強く、より高みへ。バンドの旅は続く。)

言うまでもなく、new found glory(以下NFG)はスーパーグループだと思う。 ポップパンクムーブメントのトップランナーとしてシーンを牽引し、ひた走ってきた。 それは彼らのフォロワーが数多く今現在のシーンに存在していることが証明している。そんなベテラ…

《座右の名盤》the feel good record of the year - No Use For A Name (音は生き続ける。)

しばらく聴く気分になれなかった。 フロントマンのtony slyが亡くなるというショッキングなニュースがあってから、沈む気持ちからCDを取り出すことから遠ざかっていた。今も正直そういう気持ちになることもあるのだけど、今回、気持ちをかえて引っ張り出して…

《祝復活BHR!》pennybridge pioneers - MILLENCOLIN

老舗パンクロックレーベルのburning heart recordsが復活というニュースが入ってきましたね。どんな動きをするのか注目されるところ。なのでこのレーベル関連で話題をひとつ。 私にとってのburning heartのイメージといえば、あとにも先にもこのミレンコリン…

《レビュー》Take a Break / ME FIRST AND THE GIMME GIMMES (理屈抜きで楽しい)

USパンクロック界のドリームオールスターズ、ME FIRST AND THE GIMME GIMMESのアルバムです。 ヴォーカルのスパイクのプロジェクト、UKE HUNTを紹介したのでこちらも。 懐かしのソウルナンバーを絶妙のパンクロックアレンジで料理してしまったアルバム。Take…

MxPx、エナジェティックでした。

拝啓、マイク・ヘレーラ殿。 なぜ、あなたはそんなにもエネルギッシュなのか。 僕らが海外の音楽を聞き出した頃、MxPxはキラッキラに。そしてギラッギラに輝いていた。 あれからもうずっと時間がたっているけど、その熱は変わらない。 カッコいいアルバム、…

僕にとって、マットはいつだってマットなんだ。-  Matt Pryor "Kinda Go to Pieces"

the get up kids (TGUK) が現れて、ガンガン聴いてたのは自分のなかでは2000年か1999年か、はっきりしないのだけど、そのくらいで、もう自分中心には、少なくとも世界が変わった。もっと記憶を辿ると、それこそ大好きだったcokehead hipstarsのコマツさんが…

MxPxがアコースティックベストをリリース!

9月新譜:MXPX/Acoustic Collection:祝22周年!新作は多くのファンからのリクエストで実現したアコースティック・ベスト・アルバム!9/3発売 pic.twitter.com/S4otGktlGX— bullion (@bullionkings) July 18, 2014バンドって凄くエネルギーを使うんだろう…

ストレンジ・デイズ〜CDプレーヤー壊れたと思って焦った日。

でもイヤホン変えたら聴けた。 ほんと下手すると二十年まではいかないけど使い倒しています。 写真のCDは一番最近かったもの。 マット・マクヒューはサーフミュージックバンド、the beautiful girlsのフロントマン。 今回は個人名義のアルバム「love come sa…

「wrist slitter」 - Matt pryor

拝啓、僕にとっての永遠の一曲、「red letter day」を初めて聴いてから、いったいどれくらいの時間がたったでしょう。 エモーショナルなロックバンドとして、時代の青春そのものだったthe get up kids。 フロントマンのマット・プライヤーのソロアルバムが出…

equal vision recordsとmatt pryorのこと。

先日、2014年リリースのGamefaceのニューアルバムを買ってから知ったことです。 リリースしたのはアメリカのインディーレーベル、equal vision recordsってところで、これまでも良質な音源をいっぱいリリースしているんだそうな。 http://www.equalvisio…

Plans Within Plans (MxPx)

MxPxはレジェンドなバンドなんだと思う。 90年代のメロコア〜パンクシーンを牽引してきた若者3人組。 日本にも何回も来日。精力的に活躍。 ながいキャリアの間には色々あったんだろうなあ。 そんな折、メンバーがツアーに同行できなくなって、それぞれの…

mxpxみたいなバンド、また見たいなと思う。

mxpxと出会ったのはこのアルバムとか Slowly Going the Way of Buffalo アーティスト: MxPx 出版社/メーカー: Fontana a&M 発売日: 1998/06/16 メディア: CD 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (1件) を見る このアルバムくらい エヴァー・パッ…

キーワード: