three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

ataris is back #2

このタイミングでアタリスの思い出話をしてみる。

だって、リユニオン・ツアーだもの。

このバンドと出会ったアルバムがこれ。

「Blue Skies, Broken Hearts...Next 12 Exits」

アタリスを色に例えれば。青。

カラッと透き通った空の色、深くて時折ダーク。

そんなイメージを持ってるのは私だけではないはず?

でもこのアルバム買った時はそこまで意識していなくて、mxpxみたいなバンドを期待して買いました位だったような記憶があります。

今聴いても、爽やかで切なくて、ただただ青いんだけど、それだけに終わらない。非凡。

しょぼい表現で申し訳ない。

ここから私はkung-fu records(アタリスが所属してたvandalsとかもいるレーベル)を買い漁る日々に突入していきます。

1*15*96

フロントマンであるクリスのソングライターとしての力はこの頃から炸裂してるのですが、この曲はイントロのキラキラした所からして好き。

バンドサウンドの楽しさに溢れてます。

San Dimas High School Football Rules

正真正銘アタリスのアンセム的な一曲。

シンプル+エバーグリーン。

Choices

最初にツボったのが実はこの曲。fastな感じから流れるように畳み込む情緒的なメロディが印象的。

これだけで名盤なのに、この後のsplitやアルバムにまた度肝を抜かれていくのでした。

広告を非表示にする
キーワード: