three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

《レビュー》 the gaslight anthem / 「get hurt」

等身大のパンクロックヒーロー、果てのない旅はまだ途中。

Get Hurt -Deluxe-

Get Hurt -Deluxe-

今やアメリカに留まらない人気バンドのひとつに成長した彼ら。
前作前々作と勢いのあるアルバムを立て続けにリリースしてきました。
そして今回、五枚目になる新譜、その名もget hurt。
アルバムジャケットも好みで内容も気になるところ。
デラックス・エディションが先日届きました。

全体通してややダークに、よりロックになったイメージに思えます。
それは、一曲目のインパクトもあるのだろうけど、一聴してこのアルバムのひとつの意志めいたものなのかもしれません。三曲目のget hurt然り。

そうしながら、しっかりgaslight anthemの音を鳴らす。
バンドの音はタイトに、そして疾走するときは流れるように。
「rollin' and tumblin'」、「1000years」をはじめとして、ヴォーカルのブライアンの熱情はさらに熱く激しく刺さります。

まだまだ何度も聴いていくアルバムになるのでしょうけど、今年の夏を思い出すスルメアルバムのひとつになりそう。

広告を非表示にする
キーワード: