読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

《阪神》大和は来年どこを守るのか?

ストーブリーグの動向が報じられたりなんかしてますが、先日ゴールデングラブ賞が発表されて見事前田大和選手が外野手で選出されましたね。

もともと野球センスは抜群の選手ですので、嬉しいですね。

そしてこのタイミングで鳥谷のFAメジャー移籍の可能性がたかくなったということで、大和を遊撃に再コンバートという話も出てるみたいです。

大和選手ですからね。
きっと素晴らしい守備で仕事してくれると思うし、上本選手との二遊間なんてどんだけ見たいか。

と、思うんですが、来年のこと言うと、あくまでタラレバになっちゃう話ですが、やっぱり大和選手はセンターがいいのではないかと思います。

日本シリーズのあの守備での貢献を見ると、やっぱりセンターでの大和選手も捨てがたい。
あの域に来るまで相当努力したはず。

そもそも、

・鳥谷の話は前々からあるのに、なんでセンターにコンバートしたのか。
・なぜ内野手の中島を獲得しようとしてるのか。
・内野には西岡もいるわけで。加えて坂や関本もいるわけで。
・サードには今成、新井良も控えてる。
・それに比べると外野の方が選手層が薄い。
・福留もマートンも一年先もわからないのに、もし欠けたら穴を埋める選手が直近ではいない。
・ショート北條選手に育成の機会を。
・監督が守りの野球を唱えるなら、センターの守備大事にしないと。

ということからも、大和はセンターがいい。
中島と西岡を併用しながら、北條選手を一軍で育てる方向性は無理なんでしょうか。



f:id:osisuke22:20141206120820j:plain

広告を非表示にする
キーワード: