three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

新しいバンドと出会うきっかけとは?

f:id:osisuke22:20150106162003j:plain

自分が好きなバンドってどこで見つけることが多いのか考えてみた。
昔は友人のカーオーディオで聴いてとか、好きな音楽番組とか、好きなバンドが収録されてるコンピレーションCDを買ってみたりとか、当時は色々きっかけってあったと思う。レコードショップの視聴機ってこともある。

けどある程度年数を重ねていくと、趣味が深化してもっと特化したものになっていったり、友人とそんな音楽聴き合うほどの贅沢な時間の使いかたもできなくなるし、メディアに触れる時間も減っちゃうとなおさら情報砂漠に拍車がかかる。
田舎だとライヴやフェスにしょっちゅう行けるわけでもないですし。

そうするとお店とか趣味のあいそうなカフェとかでかかってるBGMに一目惚れしちゃう時とか、これはもう二度無いチャンス。

先日ある人と話してたら、やっぱりそんな一目惚れ経験ってあって、そんなときは彼は容赦なくお店の人に聞くんだそうだ。

うーん自分はそこまで度胸ないな。

そんなわけだから最近の宣伝文句のアーティスト紹介文で、for fans of... の表現とか地味に凄く助かる訳です。

あとはレーベル情報は大事にしていて、日本で言うと老舗のbullin recordsさん、inyafaceさんは本当に凄くお世話になってます。

海外のインディーレーベルも同じようにチェックはしますが、言語の壁はいかんともしがたく。

それにYouTubeもよく使いますね。ただ、PVをPCで見るのとアルバムをフルで聴くのは個人的には全くの別物だと思っているので、参考になりそうでならないのがYouTubeだったりします。

SNSって括りでいくと、これはひょっとしたら自分だけかもしれないけど、Facebookなんかでは殆ど音楽の情報を得ることがなくて、どっちかといえば、Twitterのほうがそれは多いくらい。
おなじようなメディアと思ってても、結構違うものですね。
最近便利そうだと思うのはsoundcloudだったりします。使い切れてませんが。

それから個人ブログやニュースサイトもとても参考になります。
いくつかの個人ブログさんはよくチェックさせてもらってます。感謝。

そんなわけで新しい若いバンド、最近また活気づいている気がしますし、リユニオンツアーなど過去解散したバンドが再結成、再評価される動きも顕著です。

え、このバンド再結成してたの!と驚くこともたまにあり。

そんな動きをいち早くチェックできるのは、どんな情報源なんだろうかと思う今日この頃です。

広告を非表示にする
キーワード: