three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

《座右の名盤》M.I. - masked intruder (毒気皆無の痛快pop punk)

M.I

M.I

いや、こんなバンド待ってました。
風貌からして人を喰ったような四人組masked intruderの2枚目のフルアルバム。
fat wreck chordsが世に送り出すだけあって安定のpop punkは折り紙付き。

ヴォーカルの声が若くて甘いのでantifreezeの1stとかを思い出したんですが、とにかく終始ブレない単純なコードガシガシの上に絶妙なメロディとコーラスワークが散りばめられてます。流石。

本来のpop punkに回帰したようでもあり、またシーンに新風を吹き込んでいるようでもあります。
ラモーンパンクのバンドってやっぱりアメリカのお家芸なんだなあ。感心。
でも、こういうバンドってどっか突っ張ってエッジの効いた部分ってあったりするんだけど、このカラフルな風貌見てるとそういう毒気みたいなものが感じられないw
当然ちゃ当然なんだけど、変わらないようでシーンは変わってて嬉しいなあと。

序盤のトバシカタは圧巻ですし、九曲目Don't Run Awayなんかも好きだし、後半のミドルテンポのナンバーも好き。

今後が楽しみなバンドです。

広告を非表示にする
キーワード: