読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

《座右の名盤》INTERNET DATING SUPERSTUDS - THE VANDALS(お馬鹿でpopな世界最高峰)

VANDALSといえばkung-fu recordsとばかり思っていたけど、意外にも、これが彼等にとってkung-fu第一弾となるリリースなんだそうだ。

Internet Dating Superstuds

Internet Dating Superstuds

punkの世界でも絶大な尊敬と憧憬を集めるバンド、THE VANDALS。その実はというと、何でもあり。群を抜くテクニックに裏打ちされつつも、ライブでも何かしらお馬鹿なサプライズを連発。同レーベルからライブDVDシリーズも出ているので気になる人はぜひチェックしてほしい。

僕の印象は、激しく上手いうえによくチョコマカ動き回るオッサンたち。
これは主にはギターのWarrenやヴォーカルのDaveのことだったりするのだが、まあなんとエネルギッシュなことか。
それは作品にも反映されている。


f:id:osisuke22:20150113120044j:plain

アルバムの中身だが、一曲目43210-1からスピーディーで明るくてはパーティーみたいなパンクチューンがノンストップで鳴りまくる。
カッコイイ。
こんなパンクが聴きたかった。
そして、こんなパンクが鳴らせるのはTHE VANDALSを置いて他にいない。パンクはシンプルで、時にくだらなくて、ワクワクして、とにかく楽しい。
それだけでいいような気がする。
自分を含め、何かしら考えすぎてるんじゃないのか。
ジャンルの壁とか、言葉の壁とか、もうどうでもいいじゃないか。

世界には、THE VANDALSがいる。それが答えじゃないのか。

f:id:osisuke22:20150113121027j:plain

appreciate my honestly
I can't wait
my brain tells my body
my unseen tears of the albacore
lord of the dance
好きな曲あげてもきりないからやめる。

キーワード: