three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

《座右の名盤》siren song of the counterculture - rise against(痛快メロディックハードコア)

f:id:osisuke22:20150114232558j:plain

このアルバムは、ヴォーカルのtimの声からして全てを物語ってそうなんだけど、ハードコアとメロディックの中間の本当に丁度いいとこ取りしてるような絶妙のバランスの上に成り立った、ある意味とっても聴きやすく、色彩感に溢れたパンクアルバムだと思う。

Siren Song of the Counter-Culture

Siren Song of the Counter-Culture

形容の仕方は人それぞれだけど、内容の良さは間違いなし。のバンドにとってはサードアルバム。
paper wingsやanywhere but hereのどpopな路線とか、give it allの握り拳感とか、なかなか出せない脂ののりっぷり。

個人的にあまりここまでコテコテしたハードコア路線のバンドって聴かないんだけど、rise againstは全然嫌味なく、すっと、聞けちゃうんだよな。不思議と。

このアルバムのバランス感覚がいちばん好きかなあ。
叫んでるようで優しく語りかけているようでもある。
ヴォーカルもそうだし、ギターもある意味そう。
ヘヴィなんだけどどこか明るく突き抜けてて、どこか哀愁があってっていう。

キーワード: