three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

《座右の名盤》we bon't have each other / aalon west and rhe roaring twenties(熱い熱いオーガニックサウンド)

f:id:osisuke22:20150130050210j:plain

聞き慣れないグループ名ですが、アメリカのポップパンクバンド、the wonder yearsのヴォーカルdanによるソロ・プロジェクト。
正直the wonder yearsを全くチェックしてなかっただけに、今回どんな音なんだろうとドキドキしてました。
蓋を開けてみると、全体をオーガニック・サウンドで包んだ優しくも聴きやすいアルバムなんだけど、ヴォーカルが熱い。
こんなカッコいい声だったっけ?
全体的には落ち着いたアルバムなんだけど、緩急が素晴らしい。
ヴォーカルの声、超好みです。
優しく強くうたいあげる。
美しい旋律に心癒されたいかたはおススメ。

We Dont Have Each Other

We Dont Have Each Other

バンドマンのソロ作品って興味深いですね。よりルーツを感じます。

キーワード: