読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

《レビュー》Down on Deptford Broadway / skinny lister(捨て曲なしの実力派。)

フランク・ターナーもお気に入りとか、既にフジロック等で来日経験もあるとか、本国イギリスでも引っ張りだこのライヴバンドだとか、そんな前評判で買ってみたアイリッシュバンド、skinny lister。

DOWN ON DEPTFORD BROADWAY

DOWN ON DEPTFORD BROADWAY

アルバムを聴いて、単なるお祭りバンドじゃないなと確信。


勿論キラーチューン揃いのライヴは盛り上がり半端ないのは必至なのだけど、パンクなヴォーカルが魅力的なダニエルととびっきりキュートな存在感を放っているローナ嬢のツインヴォーカルも、バックの演奏も、それだけに終わらないバンドの引き出し、奥行きを感じさせます。

しっとり聴かせるナンバーもあって、そんなところはしっかり聴かせる実力派だってこと。

四曲目のwhat can I sayとか、後半のthis cityとか名曲だなあとため息。

素晴らしいアルバム!

キーワード: