three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

音楽とは味も好みも変わるもの

初めてCDを買ったのは中学生の冬。
それからかれこれ長い月日が経つわけですが、相変わらずワンパターンとも言えなくもないスッタンスッタン騒がしい音楽たちに心躍らされています。

言わずもがな、大好きな音はパンクロック。といってもパンクかどうかは聴いてる本人的にはほぼ重要ではなく、単純にメロディーの美しい歌ものを求めてって感じで気づいたらそれ周辺の音だっただけなのでした。

思えばブルーハーツのドブネズミみたいに美しい歌に夢中になり、時にはno use for a nameの泣きメロに心ときめき、beastie boysのヤンチャな世界にゴキゲンになり、そんな時を経て結果、今も変わらずシンプルで大音量な音楽が好き。

HIGH KICKS

HIGH KICKS

Hard Rock Bottom

Hard Rock Bottom

Check Your Head

Check Your Head

とはいっても年齢も時代も変わればそれなりに趣味に影響はあるもので、最近はどうかというと、jason mrazとかfrank turnerとかallison weissといったシンガーソングライターに興味があったり。いずれも畑はパンクとかロックではある人達なんですけども。
そのへんはギターを抱えたjack Johnson先生の影響が極めて大だったりします。

Brushfire Fairytales

Brushfire Fairytales

その反面、descendentsとかthe mighty mighty bosstonesの格好良さには相変わらず脱帽しまくってるという。

Cool to Be You

Cool to Be You

でも十代の頃の音楽聴いてる時の高揚感ってのは今の年にしてなかなか得られませんね。たぶんこれはアーティストの問題ってことじゃなく。
それはそれで今の音楽生活も嫌いじゃないです。
ちょっとばかりスローペースで進む日々ではありますが。

広告を非表示にする
キーワード: