読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

《原曲わっかんねえよ祭り》私的パンクカバーソング10選+1 part Ⅱ

BAND その他 MUSIC

以前にアップしたシリーズ


の第二弾。記事を見返しながら、こんな選曲だったっけなどと思い出しつつ、珍しくも(ww)続編をアップしてみようと思い立ちCD棚を探索してみました。

もうないかもと思ったりしたのですが、意外にも結構あったので助かった。

ということで早速ご紹介します。
タイトルにもあるとおり、気合いの入った選曲のためか、もはや私が原曲知らないカバー曲も多々あるのですが、そこは流石アーティスト。オリジナルと言っても遜色ないキラーアンセムっぷりが光っています。
曲名(オリジナルのアーティスト)…カバーしてるアーティストの順で標記しました。


①chesterfield king (jawbreaker)
… face to face

Standards & Practices

Standards & Practices

大好きなバンド、といってもそこまでアルバムを持ってる訳ではないface to face。
ヴォーカルの冴え具合は勿論、轟音なんだけどしっかりタイトな音は骨太って表現が本当にぴったりだと思う。
この曲はカバーアルバムの中に入ってるんだけどもはやオリジナルって言ってもいいんじゃないって位にハマっててカッコいいです。同じアルバムにRAMONESKKK(略しすぎ)もカバーされてるんだけどこれも反則級にカッコいいなと思います。

②Real Real Good Time (Feedbacks)
…  PARASITES

Solitary

Solitary

ポップパンクの寵児、the parasitesのこれまた最高にカッコいい一曲ですが原曲はスペインのポップパンクバンドの曲なんだそうです。
正直聴いたことないのだけれど、個人的にも気に入っているアルバムの気に入っている一曲です。
両バンドの愛に溢れたカバーソングなんだろうなとほくそ笑む。


③(I'm gonna be)500 MILES (the proclaimers)
… MxPx

オン・ザ・カヴァーII

オン・ザ・カヴァーII

こちらも意外なのか周知の事実なのかカバーアルバムを結構出しているMxPx
このアルバムは演奏的にも円熟してきた彼等の好ナンバーが入ってて聴いてて楽しい一枚。
他にもdescendentsとかRAMONESとかブルーハーツまでカバーしてて本当に幸せ。
選曲も迷ったのですが、キャッチーな上記ナンバーをチョイス。
まさに記事タイトル「原曲わっかんねえよ」に免じてご容赦ください。


Just Dance (Lady gaga)
… vanilla sky

Punk Is Dead【日本限定盤】

Punk Is Dead【日本限定盤】

イタリアのポップパンクバンドといえばこのグループ。vanilla skyのカバーソングアルバムから。
メンバーチェンジなどを経ても安定の演奏力といい抜群にセンスがいいバンドなんだろうなと感心してしまう。
カバーソングにはその辺も垣間見えて面白い。
こちらもいい曲いっぱいありますが、パンクなアレンジが痛快なレディガガのカバーをご紹介。


蛍の光(唱歌)
… SNUFF

BLAHZSAMCBONGBING

BLAHZSAMCBONGBING

ついに出たか、いや待望の登場ですね。僕が言うのは本当におこがましい。おこがましいのは承知でSNUFFって本当にカッコいい。スッゴいバンドな訳です。
そんなスッゴいバンドのドラマー兼フロントマンであるダンカンは親日家でもあり、またスナッフはカバーバンドとしても世界的に知られててそれもあって日本の歌のカバーもめちゃくちゃ多い。
そんなカバーソングベスト的なアルバムがこれ。
なんといっても選曲が凄い。アレンジがパンクで痛快すぎる。
元キッズはもはや背筋伸ばして脱帽するしかないです。


⑥the boys are back in town (thin lizzy)
… river city high

Forgets Their Manners

Forgets Their Manners

アメリカ、リッチモンドのバンドriver city highのアルバムより。
beastie boysをきっかけに洋楽に興味を持ち、GREEN DAYからメロディックパンクを知った当時の私。
このRCHはパンクとアメリカンロックの心地よい融合を私に教えてくれた重要バンドだったりします。
渋いしゃがれたヴォーカルや軽快なツインギター
今の私がthe gaslight anthemやひょっとしたらalkaline trioなんかも好きになるきっかけになったかもしれません。
そんな彼らのカバーソングはthin lizzyの渋い一曲。これがことのほかハマっててかっこいいです。
最近は活動のことあまり聞きませんが、また新曲聴きたいなあ。


⑦ love fool (the cardigans)
… New Found Glory

From the Screen to Your Stereo Part II by Drive-Thru Records 【並行輸入品】

From the Screen to Your Stereo Part II by Drive-Thru Records 【並行輸入品】

映画カバーソングアルバムを出して当時のロックシーンに颯爽と飛び出したバンド。
若かりし彼らも今や大人になり、多くのフォロワーとしっかりとしたファンベースに支えられつつ精力的に活動中。
そんな映画カバーアルバムのパートツーから、この原曲もリリース当時は流行ってたなあ。
でも何の映画のテーマ曲だったんだろう?


⑧end of the road ( Boyz II Men)
… me first and the gimme gimmes

Take  A  Break

Take A Break

こちらもカバーソングで有名なパンク界のスーパーグループ。
アルバムは一枚しか持ってませんが、ヴォーカルグループ Boyz II Men の名曲をカバーしています。
まさかで流石の疾走感!

something (the beatles)
… Useless ID

Dead’s Not Punk

Dead’s Not Punk

日本でもお馴染みイスラエルのメロディックパンクバンドの初期のナンバー。
最近のサウンドはめっきり硬派な印象だけど初期のチョッ速ななかに見え隠れする甘く爽やかなメロディは彼らの魅力だとおもいます。
このカバーも良いですね。


⑩ kick out the jam (MC5)
… the presidents of USA

ザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ

ザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ

正直楽勝かと思ってた10曲セレクトですが、この辺りはもうネタ切れしてしまってヒイヒイ言いながら選ぶ羽目に。
これは挙げるか迷った一曲ですが、このバンドは私が洋楽を知る過程で外せない大好きなバンドのひとつ。
シンプルで激しくて明るくて、ユーモラスでどこか憂いを含んでいて、とにかくかっこよかったですね。
バグルスのカバーがヒットした彼らですが、こっちのアルバムをよく聴いたので。
このアルバムは少なくとも自分のなかではpunk。

(選外)end of the world (skeeter davis)
… UKE HUNT

Uke

Uke

天下のFAT WRECKが不真面目なのか本気なのかリリースしたウクレレ・ユニット。
でもしっかり去年~今年の私のヘビーローテーションです。
フロントマンはgimme gimmesでお馴染みspike。
来るかもウクレレパンク・ニューウェーヴ…(希望的観測!)

そんな感じで10曲+1曲を挙げてみましたが、長文も選曲もしんどくて正直五曲くらいがよかったなーと反省。
今回ネタが切れたので次回も書きたいけど厳しいな。

でも今回改めて聴いてみて、いい曲はカバーされてもいい曲だわ~と感じました。
愛のあるアレンジにも注目のパンクカバーセレクトでした。


キーワード: