three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

これからLINKを聴く人にお薦めしたい7曲

横浜生まれのパンクロックバンド、LINK。1997年に結成され、アルバムのリリースを重ねアメリカツアーも経験するも、一度は解散。
時を経て再結成しシーンに戻ってきた彼らは今も独特の存在感を放ち続けている。

ということで90年代~00年代にかけてジャパニーズパンクを盛り上げたバンドの一角でもあるLINK。

Hi-STANDARDの再結成、kemuriの再結成、気がつけば当時のシーンを牽引してきたロックバンドが再び注目を集めている気もしないでもない昨今、ライブハウス界隈が人で溢れて賑わっていた当時のバンドブーム、パンクブームって何だったのか、今だからこそ、ちょっとだけ客観的に見られるかなと思ったりするので、この機会にLINKをまだ聴いたことないあなたに、私が厳選するおすすめ曲をご紹介したいと思います。

本当にいい曲ばっかりで挙げ出すとキリがないので、無理やり7曲に絞りました。
個人的なフィルターかかりまくりです。


・さらば闇よ


LINK / さらば闇よ - YouTube

GOOD-BYE,UNDERWORLD

GOOD-BYE,UNDERWORLD

初めて聴いた時からずっとお気に入りの一曲。ベースの小森さんが割って入ってくるヴォーカルパートも素晴らしい。
トーンの対照的なツインヴォーカルが売りのバンドでもありますよね。

・ゴールドフィールド

アルバム「good bye underworld」より。このアルバムは個人的にリンクの最高傑作だと思うし、さらにその中でもこの曲こそリンクの代表曲って人も多いんじゃないだろうか。
印象深いベースのイントロから入って、「ああ、夜が眠るよ」と始まっていく高揚感。間奏ではいるハーモニカも、歌詞の世界も、これぞ柳井ワールド全開って感じです。


LINK-ゴールドフィールド- - YouTube

GOOD-BYE,UNDERWORLD

GOOD-BYE,UNDERWORLD


・もし僕がミックジョーンズみたいに


LINK-もし僕がミックジョーンズみたいに- - YouTube


OVER THE REVOLUTION

OVER THE REVOLUTION

お笑い芸人でこの曲を推す人がいたような気がします。
一度だけメジャーデビューしたときのレーベルが「よしもとアール アンド シー」だった関係ってことはないんだろうけど。。
このリリース時は四人体制でした。
独特の節回し、名曲ですねー!
このアルバムも一、二を争う名作ですね。

・月面砂漠ローリングロック


LINK - 月面砂漠ローリングロック - YouTube

月面砂漠ローリングロック

月面砂漠ローリングロック

「月」に関係する歌詞が多いんですね。「とりあえず迎えに行くよ。」
同名アルバムに収録されています。
ちなみに、ギターヴォーカルの柳井さんはたびたびアルバムのジャケットをデザインしています。
このアルバムもそう。そんな才能あふれるところもカッコいいですね。

・ニュースタイルブラッドサウンド

夜を超えた音楽と思想

夜を超えた音楽と思想

動画はなしですが、目下最新アルバム「夜を超えた音楽と思想」収録。
その以前から披露されていたナンバーらしいのですが、満をじしてって感じですね。
やはりかっこいい!
それとタイトルから荒木飛呂彦臭がするww
このアルバムでは全曲日本語にトライしています。
流れでみるとやっぱり徐々に日本語に目覚めていったんだなと改めて感じます。

・フリーダムスタイル

Kids Are Alright

Kids Are Alright

adeline recordsからアメリカデビューを飾ったこのアルバムにも収録されていた曲。
柳井良太さんのヴォーカルのパンチがはんぱないです。
イントロのギターもかっこいいんだよね。

・素晴らしい世界


LINK-素晴らしい世界- - YouTube

OVER THE REVOLUTION

OVER THE REVOLUTION

アルバムに入っているのとシングルだとヴァージョンが違います。
個人的にはシングルのヴァージョンのが好み。

リリースごとに成長し、大人になり、進化を遂げるLINK。
新しいアルバムも楽しみに待っています。

キーワード: