読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

(アルバムレビュー)生命線は続いている。 チャットモンチー「共鳴」

BAND A-C MUSIC

周期的に邦楽~洋楽間を好みが往来しますが、最近なんか邦楽アーティスト聴いてることが多いです。
これも紅白効果か?

まちに待ってたチャットモンチー6枚目のアルバム「共鳴」。
メンバーチェンジを経て完成されたアルバムです。

共鳴(初回生産限定盤)(DVD付)

共鳴(初回生産限定盤)(DVD付)

ドラムの高橋久美子さんの脱退から、ベースだった福岡晃子さんがドラムに転向するという驚きの2人編成で挑んだ前作アルバム「変身」。
今回は2人編成はそのままに福岡さんは再びベースに戻り、サポートメンバーを加えての制作ということらしい。

サポートメンバーも「男陣」「乙女団」と曲によって使い分けがされていたりするそうで、「男陣」にはあのHi-standardのドラム恒岡章さんが加わっているという素晴らしすぎる布陣。

osisuketwentytwo.hatenablog.com

はじめてきいた2ndアルバム「生命力」のリリースは2007年、日本のガールズロックに大きな変化をもたらしたのは勿論、橋本絵莉子さんの圧倒的な歌の力は当時のロック好きのオッサンたちをおおいに唸らせ、虜にした。「シャングリラ」は今でも人気のある名曲だもんね。
さらに最近つよく思ったのが、前回2人編成になっても、今回の新体制になっても、こんなに素晴らしいアルバムを作ってしまったこと、チャットモンチーの音はチャットモンチーだと最終的に納得してしまう見事なサウンドクリエイト。
僕個人が思うには、楽器のうまいへたなんて聴く人がそれぞれ感じていれば良いだけと思うのですが、チャットモンチーの時にピリピリと刺すような、時に包み込むような神妙なバランスで成り立っている演奏力はつくづく凄いよなあと感心してしまう。

数々の転機に直面しながらも、まるでそれを転機とも思わないかのようにしなやかに踏み越えてきた彼女たち。このアルバム「共鳴」からはなおさら優しく強いメッセージが発せられていて、正直一曲目「きみがその気なら」の歌詞「履歴書100枚書いてるスリムでタフな男たちよ」のとこなんて、すげー天才かとか思ってしまった!

話が少し飛びますが、レキシの「SHIKIBU」に「阿波の踊り子」としてコーラス参加してるチャットモンチー
こちらもけっこう聴いてしまってます。
ルックスとか、いろいろズルいよなとか、なんじゃねんこのコーラスとか思いつつ、まんまと。


レキシ - SHIKIBU feat. 阿波の踊り子(チャットモンチー) Music Video +「Takeda' 2」 Rec映像

キーワード: