three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

置きに行かないコラム~vol.1

改めて宛てのない駄文を書くんだという意気込みを込める意味でこの記事タイトルにしてみた。
行き当たりばったり感に加えて大げさですね。

今回話題にしたいのは、巷でにわかに、局地的そして熱狂的に盛り上がっているNoshowのアルバムリリース。

Noshowはもともとは東京ALLという名前だったようで、その名の通りUSのレジェンド的パンクロックバンド、ALLのコピーを主にやっていたらしい。

メンバーは90'sジャパニーズインディーパンク界隈で知られた超豪華なドリームチーム。back drop bomb、thumb、short circuit、captain hedgehogなんてバンドの名前聞いただけでその辺を通過した人は心躍るはず。

音も本家を彷彿とさせるストレートなサウンドでアルバムも期待度上がりっぱなしです。

Noshow

Noshow

それとよく言われることではあるのだけど、ALLのことが日本でいまいち知られていないのではないかという話。
確かに人気の海外のパンクやロックのバンドのなかでは少しコアな存在という気がします。

Problematic

Problematic

Descendentsとどっちが好き?っていう話題もあるかも。
最近聞き始めた自分としたら、どっちってことはないのだけど気持ちALLのほうがストレートななかにもポップでトリッキーなところがあるような気がします。
それがまたロックの楽しいとこを表してるようで何ともいえず好きなのです。

そんなわけでNoshowとあわせてもっともっと盛り上がって欲しいパンク界。

そんな中、天の邪鬼な私は、このNoshowのタイミングで勝手にしのっぴこと渡辺忍強化月間に突入しています。

渡辺忍さんはNoshowのギタリストであり、元はCaptain hedgehogというバンドをしていて、現在はメロディックバンドAsparagusのギタリスト、シンガーであります。ちなみにNoshowにはベーシストにもasparagusから原直央さんが参加しています。このメンバー構成だけでめちゃくちゃ嬉しい。

この渡辺忍という人、ソングライターやバックバンド、プロデューサーとして木村カエラのサポートに関わるなど定評のある人なんですが、その中でも私は特に彼の弾くギターがすっごくかっこよくてお気に入りなのです。

そんなわけでこの機会に買い直したasparagusのアルバムがこちら。

Kappa ⅱ

KAPPAII

KAPPAII


ハイスタやHawaiian6なんかのpizza of death recordsからリリースされたセカンドアルバム。
キャッチーで歌の良さがよく出てる。今聞くと前身のキャプヘジ時代からの音楽性が繋がっているというか、延長にある音のように感じました。
それととても珍しい日本語詞のトラック「nap」が聴けるのも嬉しい。

そして次が間をおいてリリースされたサードアルバム。

mont blanc

MONT BLANC

MONT BLANC

こちらは前作に比べても音楽的に飛躍を見せていて、より明暗や緩急や様々なひろがりを感じます。
所謂メロコアな音楽からさらにひとつ前進した一枚。
asparagusっぽさというのがよく出ているアルバムだと思いました。

キャプヘジ派を自負していたのでアスパラあまり聴けてなかったのですが、この機会にまたチェックして行けたらと思います。

そのほか、今年になってのリリース話もちらほら。

重鎮USパンクのFace to Faceは次回はどうやらFat wreckからのリリースのようで、アップされていたリードトラックが素晴らしいです。
こういうありそうで最近あまりない音がまた増えてくると嬉しい。

Face To Face - "Double Crossed" (New Song 2016)


FATつながりでmean jeansも良さそう。こういうバンドはアメリカのお家芸的なとこがあるのかもしれない。

ラモーンパンクの系譜だったりするのかもしれないけど何と表現するのかよくわからない。

チョッパヤ系でもなく、ザクザク系でもピロピロ系でも、ドタバタ系でもなく、あえて言うと、、何だ?

広告を非表示にする
キーワード: