読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

いつかこのCDを聴いてまた泣いてしまう。/AUTOPILOT OFF 「e.p」

TSUTAYAのワゴンセールでほぼワンコインで売られていた一枚。
アメリカで00年代初頭に活動したパンクロックバンド、AUTOPILOT OFFが2002年にリリースした5曲入りのep。

僕の手に取られるために、ワゴンの隅にひっそり眠っていた。
10年以上の時を経て、改めて聴いてみた。

f:id:osisuke22:20160424080856j:plain

当時はひたすら明るいノリのポップパンクが席巻していた時代。クレジットを見るとプロデューサーにSUM41のプロデュースでも知られるグレッグ・ノリの名前が。

APOは元々Cooterって名前で活動していたんだけど、この頃には改名している。

洗練されたメロディーもだけど、ストレートで硬派な音で人気を博していたバンドで、曲全体を包むドライブ感が心地いい。

このあと、メジャーからのリリースとなるフルアルバム「make a sound」を発表するのだけど、このアルバムもまたチャートに登場するスマッシュヒットになります。
このアルバムも大好き。

その後、2005年にバンドは解散してしまいます。
このepのストレートなサウンドを聴いていると、face to faceみたいな極骨太なフルアルバムを聴いてみたかったなんて思ったりした。

Autopilot Off Ep

Autopilot Off Ep

Make a Sound

Make a Sound

キーワード: