読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

2016年、BLINK 182のことを想う。~ part two

ブリンクについての随想の続きです。

脇道にそれまくるけど、頑張ってパート2で終わらせたいです。
 
おバカでノリノリのキャラからシリアス路線に転換したアルバム「blink 182」を発表して少しした頃、突如バンドは解散を発表してしまいます。
 
※でも、実はシリアスな曲ってその前から(adams songとか)そこそこやってて、いま考えると流れは自然だったのかなとも思う。
 
その後、各メンバーは別ユニットやソロ活動を積極的に行い、(だいぶはしょって)やがてBLINK182の再結成に至り、数枚のアルバムを出すのだけど、私この頃はまったく音源もチェックせず。
 
けど、遠目に方向転換の大変さ、一度リセットされたモチベーションをどこに持っていくのかみたいなバンドの葛藤があったのかなーなんてことは思ってた。
 
ブリンクに限らず、この頃のポップパンク勢は少なからず次の音楽性を模索していて、けどチェンジするのは険しい道のりだったにちがいない。
 
特にブリンクは先述のとおり、奇跡的なバランスで成り立ってたというか、メンタルの面でも長いツアーとか大変だったことでしょう。
例えばバンドの雰囲気が暗いとライブで飛ばす下ネタジョークひとつとっても気持ちが乗ってこないじゃないですか。トップランナーになったゆえの重圧は大きかったんじゃないかな。
 
そして、2015年、衝撃のメンバーチェンジが発表されます。ギターのトム・デロングが脱退し、カリスマ的人気のバンド、alkaline trioのフロントマン、マット・スキバが加入したのです。
 
アルカライントリオがどんだけ非凡なバンドかということを説明しようとするととても難しいので、せめてこの「mercy me」という曲を聴いてほしい。
BLINK 182,  alkaline trio 両方に馴染みがある私としては、凄いスーパーバンド結成だなあと思ったのだけど、やっぱりこの変更は大きな賭けだっただろうな。
下手するとアルカライントリオの方さえどうにかなっちゃう可能性だってある。
 
そうしてリリースされたニューアルバム「カリフォルニア」。
このアルバムの感想はまた別の機会に書きたいと思ってますが、セールス的にも評価されてるみたいだし、さすがに才能溢れるマットのこと、安定感があってうまく機能してるなっていうのがまず感想。
 
そして最近印象的だったのが全裸で町中を走ってた彼等の代表曲「what  my age again?」をまんまパロディにした新しいMV。
 
このタイミングで過去の自分たちをパクるってのもどうなの?って気持ちもありつつ、でもそこは彼等ならではの茶目っ気であり、なんだかんだ紆余曲折しながら、一周まわってしっかりこの場所に戻ってきたぞって言ってる気もして感慨深い。
 
そんなBLINK182にこれからもエールを送りたい。   
カリフォルニア

カリフォルニア

 

 

 

 

 
 
 
~~~
最後にどうしようもない関係ない話。
 
紅白にハイスタかレキシかスカパラか、出せなかったもんですかね。
このさい電気グルーヴでもいいわ。
 
広告を非表示にする
キーワード: