three chords.four strings - punk & ukulele

音楽が楽器が野球が好きだったり。 あとはぼつぼつと思いの丈を身の丈ていどに書いていくところです。 自分の頭の整理が半分以上。 テキトー命のウクレレビギナー。いつかディセンデンツのTシャツ来てライヴしたい。

チャットモンチーの「完結」におもう。

これまで節目節目にブログでもふれてきたロックバンド、チャットモンチーが解散ともとれる発表をした。

 


チャットモンチーが解散を発表 「完結。」

 

完結ってどんなこっちゃねんとか、今後のリリースだったりツアーだったりそういうのは徐々に明らかになっていくだろうということだが、このタイミングで思ったことなどを書き留めておこうと思いました。

 

ガールズスリーピースのロックバンドというところで、日本の音楽史をガツンと塗り替えたグループだと私個人は思っていて、今回のニュースを受けて今朝聞いた真夜中遊園地がもうエモーションで仕方なかった。

 

告白~生命力あたりの鉄壁の布陣が懐かしいのですが、やっぱりドラムのクミコンさんの分離は影響おおきかったかもしれません。

 

で詳しいところは割愛しますが、布陣チェンジ後の数々の音楽的な挑戦、アルバムでの意欲的な画策はけっこう面白くエキサイティングだったし、バンドの評価を下げるものではなくむしろ表現者としてガンガン前進し戦った感じがあって良かったなあと思っていました。

 

星野源おぎやはぎPerfumeアジカン小籔千豊などなど各界から(主に音楽界とお笑い界か)愛されたバンドで、対バンした横山健さんがコラムで激賛してた気がする(うる覚え)。

 

どんなバンドもいいとき悪いときがあるし、ただ私個人としては、人は変化するのが自然。

十代の時の歌を三十代の時に全く変わらず歌えるわけがない。

けどそんな変化もひっくるめて音楽や表現を止めないで発表し続けてくれることが凄く嬉しいし、難しいことかもなーと思ったりします。

 

チャットモンチーの来年でるであろうアルバムが楽しみです。

 

クリスマスソングよりも日本中のスピーカーがシャングリラを流してくれますように。

 

 

 

 

キーワード: